1. ホーム
  2. 助成金情報
  3. 見守り活動助成事業

見守り活動助成事業

目的

地域において、一人暮らしの方、高齢者のみの世帯等「気になる人(心配な人)」が増えていく中、自治会等の小地域を基盤として、住民の参加と協力により、同じ地域のなかで援護が必要な方々の生活を見守り、安心して暮らせる地域づくりを目的とする事業を実施する団体・グループに対し、助成金を交付する。

助成金の対象

三豊市内において実施する事業で、本要綱の目的に沿った事業であり、継続中または始めようとしている団体・グループに対して助成金を交付する。

  1. 助成事業は以下の通りとし、いずれも自治会等小地域で活動する事業を対象とする。
    一人暮らし高齢者等への計画的・定期的な声かけ見守り活動
    • 概ね週1回以上
    • ふれあい・いきいきサロン活動や配食サービス活動等見守りが出来る機会を含めた活動を兼ねることも可
  2. 助成対象経費は以下のとおりとする。
    諸謝金、旅費交通費、消耗品費、器具什器費、印刷製本費、賃借料、通信運搬費、手数料、保険料、会議費、その他本会が認めるもの(共同募金助成として認められる経費とする)

申込の方法

助成金の交付を受けようとする者は、助成金申請書(第1号様式)を本会窓口(本所・支所)に提出する。

助成の審査・決定

  1. 助成の審査は本会で行い、新規事業を優先し、予算の範囲内で助成事業及び金額を決定する。
  2. 福祉的効果の高い活動を優先する。
  3. 地域における先駆的活動を優先する。

助成金の金額

  1. 助成金額 1団体・グループ 1万円~5万円の範囲
  2. 助成総額 30万円

助成金の交付

助成金は、助成金交付決定を行った後、決定金額を上限とし、請求書(第2号様式)により助成金を交付する。

実績報告書の提出

助成金の交付(決定)を受けた団体・グループは、事業実績報告書(第3号様式)を申請年度の活動終了後1ヶ月以内に、当会(本所・支所)に提出しなければならない。

書類のダウンロード

要綱のダウンロード


申請書のダウンロード



報告書のダウンロード



申込期間

令和2年4月1日から令和3年2月末まで